ショートインプラントとは

低侵襲手術(Minimally Invasive Surgery) が医学文献に紹介されて15年以上経過しま すが、最小限で最大の効果を期待する手術は、インプラントの分野ではどのように発展してきたのでしょうか?

その代表として、メスを使わないフラップレス手術や大きな骨造成を必要としないノング ラフト手術などがあります。

インプラントは骨に埋入するわけですから、骨がないところには骨を造らなければ手術は不可能でした。そこで、身体の別の場所から自家骨を採取して、移植をする骨造成が行われてきました。この骨造成は現在でも著しく骨が萎縮してしまった場合には行いますが、以前ほど多くはなくなってきています。

その理由の1つに、 ショートインプラントの登場があり ます。
インプラントの長さを分類すると、 ミディアムインプラントといわれる一般的な長さは10mmで、12mm以上がロングインプラント、8mm以下がショートインプラントとなります。

ショートインプラントのコンセプトは、骨造成を行わず短いインプラントを埋入すること によって、手術による患者様のストレスを解消しようとするものです。
それでは、短いショートインプラントで長持ちすることができるのか? 噛む力に耐えう るのか? という問題に直面します。
ショートインプラントについて、フランスの開業医フランク ・レノワ(Dr.Franck Renouard)が論文を発表しています。インプラントは骨結合した後、まったく動かないものと考えられていましたが、実はそうではなく、噛む力を受けると、結合したインプラント周囲の骨ごと僅かながら動揺するのです。そして、その動揺のしかたがインプラントの長さによって異なるのです。