ノーベルガイドと従来の治療法の違い

大きな違いは、CTによる三次元データを用いた審査診断をして、三次元的に手術をシュミレーショ ンしたうえで将来入る人工歯を想定してインプラント治療を計画することにあります。

またそれだけではなく、手術の際に術者をナビゲートするサージカルテンプレートをCTの三次元データをもとに正確につくることが可能になり、精度の高い人工歯を手術前に製作することもできるようになったのです。

その結果、手術後すぐに歯を入れる(Teeth-in-an-hour TM)が実現しました。さらに、特筆すべきはサージカルテンプレートを用いること によって、正確で手術侵襲の少ないフラップレス手術(メスを使わない手術)が可能になったことです。ほとんど出血することもなく、その日のうちに歯が入りますので、通院回数が減って時間的な費用の削減ができるのです。

ノーベ ル ガイドの治療コンセプトは、3Dビジュアルによる審査診断、治療計画からサージカルガイドによるフラップレス手術、そして即時に歯が入る(Teeth-in-an-hour TM)までを一貫して行うことができるという革新的なものです。

従来のインプラント治療において、術中の出血や腫脹、術後の不快感や人工歯が入らない長い期間は最大の欠点でしたが、ノーベルガイドによって3Dシミュレーションやサージカルテンプレートによるフラップレス手術ができるようになり、最終的には手術後すぐに歯が入る(Teeth-in-an-hour TM)治療が可能になったのです。

しかし、治療結果を最良にするためには、十分な3Dシミュレーション能力と解剖学的知識、 そして外科や人工歯をつくる補綴治療の技術的能力が重要なことは当然です。特にメスを使わないフラップレス手術を行ううえでは、十分な解剖学的知識と危険を回避する能力が不可欠であり、そのトレーニ ングを十分に積む必要性があります。これらのことが十分になされていれば、ノーベル ガイドを使った3Dビジュアルによる審査診断、治療計画や手術、そして最終的な人工歯治療までの総合的な治療を行うことが可能です。

ノーベルガイドを使った治療は患者様にとって、また歯科医師にとっても理想的なインプラント治療であり、より予知性の高い革新的な医療となるでしょう。