歯の再移植の流れ

術前

一 ヵ月前にある歯科医院で奥歯の根管治療を受けたそうです。 ところが治療をするたびに痛みが増すので、 そのことを伝えると 「痛みを とるために神経を取りましょう」 といわれて神経をとったそうですが、 逆に痛みが増してきました。
っ いには、 その歯科医は 「このままではよくならないから、 抜歯をしてインプラントにした方がいいのではないか」 と勧めてきました。 そんな治療に不信感があるということで来院されました。

術中

レントゲン写真をみると根管とはまったく違うところに穴が開いていました。 さらに、 炎症も大きく失血もありました。 この状態ではこの歯が保存可能か不可能か判断できませんでしたが、 一 度抜歯をして根に開いた穴を塞いでから再度、 抜いたところに戻し てみました。 歯根の表面には歯根膜靭帯という組織がありますが、 その靭帯組織 が60%近く生きている場合、速やかに戻せば元どおりにくっつくのです。
今回のケースでは、 治療としては50対50 (フィフティー フ イフティー) の確率でしたが、 説明を聞いた患者様が望まれたのでチ ャレンジしてみました。

術後

術後三ヵ月のレントゲン写真です。 炎症や痛みも治まり、 抜歯した 歯も元どおりに生着しています。

この症例のように、 フィフティー フィフティーの可能性で治療してうまく行くこともあ りますので、 歯を残すための治療の 一 つとして再移植もいいと思います。 しかし、 生着した 歯がどのように変化していくかを診るには検診をしていかなくてはなりません。 稀に、 移植 した自分の歯に免疫機構が働いて、 歯根が溶けていく場合があるためです。 このように書くと不確かな治療法のように思われるかもしれませんが、 ほとんどのケース ではうまくい っていますので安心してください。

今回のケースで問題なのは、 最初に間違った治療をした歯科医です。 さらにその間違いを インプラントによってカーバーしょうとしたところに、 さらなる問題点があります。 インプ ラントロジストとして、 このようになんでもインプラントにすればいいと安易に考える歯科 医がいることに憤りすら覚えますが、 患者様には自己防衛のためにも歯科医を見分ける目を 育てていただきたいと思います。