インプラントで噛むことの大切さを知る

食べ物をよく噛めば、それだけ唾液の分泌も盛んになり、若返りホルモンが活躍することになります。しかし、加齢とともに唾液中のバロチンの分泌量が少なくなることもわかっています。ですからお年寄りほど、よく噛んで唾液の量を増やし、パロチンの働きを活発にするべきなのです。
このように、いつまでも若々しく質の高い生活を送るためには、よく噛むことがきわめて重要です。

美味しいものを食べることは、人生の楽しみの1つです。自分の歯で食べることができれば、その楽しみはより大きなものになるでしょう。そのためにも、 若いときから歯の健康に気をつけて、よく噛む習慣を身につけることが大切なのです。

一方、不幸にして歯を失う人が多いのも事実です。そうなると、軟らかいもの中心の食生活とならざるをえなくなります。その結果、加工食品に頼ることが多くなって、噛まない(噛めない)ことになってしまいますから、唾液の分泌量も少なくなってしまいます。つまり、いいことはなにもないのです。

しかし、歯を失ってもよく噛むことは可能です。もちろんよくできたインプラント、入れ歯やブリッジのお世話にならなければなりませんが、信頼できる歯科医の治療を受ければ、自分の歯と同じように噛むことができるのです。その中でもおすすめの治療はインプラントです。歯科医としてとても残念なのは、虫歯や歯周病などでやむなく抜歯せざるをえなかった方が、抜歯部分をそのままに放置されているケースが多いことです。前述したようにこれでいいことはなにもありません。思い当たる方は、すぐに歯科医院へ予約してインプラントなどで失った歯を取り戻しましょう。


喫煙と歯科治療

喫煙は歯周病にとっても、もっとも危険な因子の一つなのです。タバ コを吸うことによる免疫力の低下により、歯周病などの病気にかかりやすくなるのです。そして、タバコの有害物質が、歯の周りや肺のなかに沈着すると、これを取り除く白血球が大量の活性酸素を放出するのです。

タバコの煙には4000種類以上もの科学物質が含まれ、このうち60種類には発癌性が あり、その主なものとしてタール、ニ コチン、一酸化炭素の3つが知られています。発癌性や強い刺激性を持つタールは、歯や歯石の表面に黒く沈着しますので、見るからに悪影善を及ぼしそうですが、ニコチンだって負けてはいません。

セメント質への結合が強いので、歯石を除去して綺麗にしてもすぐに台無しにしてしまいます。欧米の歯科医のなかには、「喫煙者の歯周病の治療は無駄である」と極論する人さえいま すし、疫学調査によると10年間で失う歯の数が、タバ コを吸わない人に比べて、約3倍という報告もあります。

またニコチンの影響で、毛細血管が収縮して貧血状態になります。口のなかも例外ではなく、血の巡りが悪くなり、さらに一酸化炭素のために血液中に十分な酸素が運ばれなくなります。

その結果、抜歯後の傷口の回復、歯茎の処置後の治り具合、インプラント手術後の成績が 落ちるなど、あらゆる歯科の処置に悪い影響を及ぼすのです。
このように、口臭に留まらず歯への影譬だけを考えても、禁煙は必要だと思われます。思い当たる方は、できればこの機会にきっぱりとやめましょう。

余談になりますが、海外の学会に参加すると、会場はほとんど禁煙となっています。ですから、参加する医師たちも当然のことに喫煙しません。ところが、日本の学会や歯科医の集まりに出席すると愕然とさせられます。その大半が休憩時間にタバ コを喫煙するので、廊下は臭いはもとより煙で目が痛くなるほどなのです。

これだけ歯科治療に喫煙が悪影響をするのですから、治療を担当する医師たちが喫煙して いてはいけません。
健康を志向する人はまず禁煙すること。さらに、厳しいようですが、スモーカーには健康や環境問題を語る資格はないと私は思います。


ノーベルガイドと従来の治療法の違い

大きな違いは、CTによる三次元データを用いた審査診断をして、三次元的に手術をシュミレーショ ンしたうえで将来入る人工歯を想定してインプラント治療を計画することにあります。

またそれだけではなく、手術の際に術者をナビゲートするサージカルテンプレートをCTの三次元データをもとに正確につくることが可能になり、精度の高い人工歯を手術前に製作することもできるようになったのです。

その結果、手術後すぐに歯を入れる(Teeth-in-an-hour TM)が実現しました。さらに、特筆すべきはサージカルテンプレートを用いること によって、正確で手術侵襲の少ないフラップレス手術(メスを使わない手術)が可能になったことです。ほとんど出血することもなく、その日のうちに歯が入りますので、通院回数が減って時間的な費用の削減ができるのです。

ノーベ ル ガイドの治療コンセプトは、3Dビジュアルによる審査診断、治療計画からサージカルガイドによるフラップレス手術、そして即時に歯が入る(Teeth-in-an-hour TM)までを一貫して行うことができるという革新的なものです。

従来のインプラント治療において、術中の出血や腫脹、術後の不快感や人工歯が入らない長い期間は最大の欠点でしたが、ノーベルガイドによって3Dシミュレーションやサージカルテンプレートによるフラップレス手術ができるようになり、最終的には手術後すぐに歯が入る(Teeth-in-an-hour TM)治療が可能になったのです。

しかし、治療結果を最良にするためには、十分な3Dシミュレーション能力と解剖学的知識、 そして外科や人工歯をつくる補綴治療の技術的能力が重要なことは当然です。特にメスを使わないフラップレス手術を行ううえでは、十分な解剖学的知識と危険を回避する能力が不可欠であり、そのトレーニ ングを十分に積む必要性があります。これらのことが十分になされていれば、ノーベル ガイドを使った3Dビジュアルによる審査診断、治療計画や手術、そして最終的な人工歯治療までの総合的な治療を行うことが可能です。

ノーベルガイドを使った治療は患者様にとって、また歯科医師にとっても理想的なインプラント治療であり、より予知性の高い革新的な医療となるでしょう。