デンタルインプラントでより自然に美しく

歯科医学の中心で、ベストな治療法の一つがデンタルインプラントです。

今日、私たちはとてもエキサイティングな時代に生きています。かつて、歯を失った場合は違和感の強い入れ歯を我慢して入れざるを得なかったり、それがイヤさに抜歯後そのままで放置したりと、健康で文化的な生活を営むうえで大きな問題を抱えていました。 しかし、近代インプラントが登場して40年以上ー。人類はついに第二の永久歯を手に入れることができました。テクノロジー、バイオロジー、そして歯科医の技術が組み合わさ って、安全で安心できるインプラント治療が可能になったからです。

もちろん、前序したようにインプラントの治療においては、患者様が5年、10年後にどう いう状態になっているかが重要であり、さまざまな科学的データをもとにこのことを考えていかなくてはいけません。ベストな医学的実証(エビデンス)を基に、ベストな治療をすることー。最善の技術や最善の機器に裏打ちされたべストな処置をすることは、歯科治療(デンタルメディスン)に身をおくものの使命でもあります。

そのうえで、さらにもっと重要なことは、患者様に対して正確でクリアな情報を提供し、 説明することです。インプラントはすでに完成された歯科治療法ですが、決して進歩が止まったわけではありません。自然の歯と同じように噛めるなどの機能性は当然のこととして、より自然で美しい審美性においても日々進化しているのです。